新発田市仏教会公式サイト

平成29年越佐招魂祭

平成29年越佐招魂祭

今年も恒例の越佐招魂祭がおこなわれました。晴天でした。

招魂社の準備もととのっていました。ここには、日清戦争以来の二万人以上の犠牲者が祀られています。
招魂社

まず忠霊塔の前で舎利礼文を読経します。
忠霊塔前の読経

送迎、導師を先頭に招魂社前の式場に移動します。
式場に移動

散華をして、道場を浄めます。
散華

いよいよ読経です。無量寿経の歎仏頌、法華経の寿量品偈を読誦します。
読経

読経後、まず祭文が祭典委員長によって読まれます。
祭文

続いて、県知事の慰霊のことば、代理です。
県知事の慰霊のことば

次に、市長の慰霊のことばです。
市長の慰霊のことば

この後にも慰霊のことばが続いて、県会議員、市会議員、遺族の方々の焼香が続きます。
焼香

最後に電報の披露がありました。長々とした電報を披露していましたが、何だかなー?という感じです。ただ、お供えすればそれでいいと思います。

年々遺族の方々高齢化し、仮設のテントもかつての半分以下に縮小されています。致したかのないことだとは思いますが、こういった法要が戦争の抑止につながることを念じています。

コメント


認証コード5981

コメントは管理者の承認後に表示されます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional